FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.09.13 ⑤後記~


長いお産だったため、担当の助産師さんが何人も代わりました。
なので後の入院中に再び会うと、
「はるさん、あの後長くて大変だったのね!」
といろんな人に言われました。
担当じゃない看護師さんからも
「最後までいた人ね。」と言われちゃうし~(^^;


今回の出産は、、、、
産道の準備がされていないのに破水してしまい、
赤ちゃんが下りてきたり、
子宮口が開くのにとっても時間が掛かってしまいました。
(今回のことで早い段階での卵膜の刺激は
危険なのでは?と思いました。せめて予定日まで待つか、
多少でも子宮口が開いてたり赤ちゃんが下りていたりとかしてから
の方が良いと思うのだけど・・・・。)


さらに赤ちゃんの口にへその緒が絡まっていたのが原因で
最後の最後で下りてこれなかったのです。
結構最後の方まで逆子だったから、
それも関係してるのかなぁ・・・?


分娩室でのできごとは辛かった痛かった
とは感じませんでした。
まあ多少あったけど・・・全然耐えられたな。
ちゃんと産む方向に向かっているのが分かったし、
沢山の人の助けもあったから。

この出産で何が一番辛かったって、、、、
“お産が進んでない”という時の失望感が一番辛かった。
無駄に陣痛に耐えてるような気がしてね。
前向きでいられれば陣痛も耐えられるものです。
肉体的にはやはりいきみ続けた時が限界に近かった。。。

そんな時でもNSTでみて、
赤ちゃんが元気なことだけが救いでした。

しかし出産時はひやひやしたものの、
無事健康に産まれてきてくれてほんと良かった!
私も辛かったけど赤ちゃんも辛かったんだろうなぁ~と思います。

出産後に長くなってしまった頭や後頭部のアザを見て、
頑張ったね~痛かったね~って切なくなりました。
今はすっかり治ったので良かったです。

結局長い出産になってしまったけど、
とにかく今は無事産まれてきた
それだけでも安産だったのかなぁなんて思います。


でももし次があるとしたら・・・・無痛分娩できるとこ探そう!
って思ってしまいました。
前にちょろっとそんな話した時は、
「それって赤ちゃんに負担じゃないの?」と
なんとなく否定的だった旦那さんも「そうしなさい!」と(^^;
母も旦那さんも私の苦しむ姿をもう見たくないっぽいです。

途中苦しむ私をみてちょっと取り乱し、
助産師さんに「最初は昼過ぎって言ってたのに、
一体いつ分娩室に連れてってくれるんですか!?」と詰め寄ってました。
後から考えて「大人げなかった・・・」なんて言ってましたが、
私も彼も必死だったのです。

旦那さんは初め立ち合い出産を
「血苦手~グロいのもちょっとなぁ」なんてふざけて言ってたけど、
全然そんな風に感じなくて「ほんと感動した!」と言ってました。
「立ち合いしないというやつがいたら俺がいて説得してやる!」
とまで言ってたよ(笑)。

今回はかなり旦那さんの存在が大きかったです。
精神的にも実質的にも!
いてくれて良かった~というよりいなかったら無理だったかも。
「俺は何もしてないよ。」なんて言ってたけどね。

赤ちゃんが産まれて3人、本当の家族になった気がしました。

「私達のところに産まれてきてくれてありがとう!」

なんてクサイ言葉だわ、、、と思ったけど、
ほんとうにそう感じたのですヨ。
この時の感動って、ほんともう何にも変えがたいものだと思いました。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://haruhalu.blog96.fc2.com/tb.php/38-f9194814
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。