FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


PM6時半~
分娩室へ。まずは助産師さんのリードでいきんでみる。
そのうち先生登場。
「すぐに産まれるからね」と励まされる。

「出口が硬いので会陰切開しますよ。」
普通皮膚が伸びきって麻痺したところ切るはずでは・・・?
麻酔の注射を打ったかと思ったらスッパリ。
「いっ痛い!!」
「あれ麻酔効いてなかった?」
効いてませんでした・・・普通に痛かったです(涙)。

しかし、この先生厳しい!
「声は出さない!必要ない。」
「顔に力入れない!!」
「腰浮かせないで!」と沢山ダメ出しされる。

もうほんとうにそこだけにしか力入れちゃダメらしく、
他の部分に力が入っていると注意される。
もうわたしゃ随分前からいきみ続けて、
細かいこと言われてもできません・・・。


※ここから後は自分じゃよく分からなかったんだけど、
通常掛けられてる足の布がけっこう大変な状況だったので、
お腹の位置に落ちてて掛けられていなかったため、
旦那さん側からも丸見え(爆)。
というわけで全部見ていた旦那さんから後で詳しい状況を聞きました。


とにかくここまで来てもなかなか出てこないので、
急遽吸引分娩に。。。
しかし!機械が一台目二台目と壊れてて不安になる。
その合間にも陣痛が・・・早く!もう無駄にいきませないで~っ!

やっと三台目にて吸引開始。
陣痛に合わせて引っ張るも一回目失敗。
先生の顔や胸辺りにビシャーーーッと血が飛び散った。
この光景は忘れることができない・・・。

次の陣痛に合わせて再度吸引。
そしたらなんと赤ちゃんの首にへその緒がからまってる!!
これが最後の最後で下りてこれなかった原因かも・・・。
二箇所を鉗子で止めてへその緒を切る。

「次で絶対出すからね!」とお腹をぐいぐい押されながら、
いち・にの・さん!すっぽーん。。。。

「ああ~産まれたよーーーーーー(涙、涙、涙)!!!!!!」


・・・しかし通常聞こえるはずの泣き声が聞こえてこない!
「赤ちゃんは?赤ちゃんは!??」
うろたえて旦那さんに聞いてみるも、
「大丈夫大丈夫だよ。」とは言ってくれたけど・・・・。
すぐに遠くに連れられて行ってしまい、
出産した喜びもつかの間心配で心配でしかたなかった。

すると少し経って「おぎゃ~!!!」と元気な声が聞こえてきた。
とは言ってもすぐに泣き止んで
真っ白な体とうつろな目でこちらを見てる。(ように見えた。)
先生は「ちゃんと泣いたから大丈夫だよ。」
とさっきとうって変わって優しくなっていた。

残りの胎盤を出したり、切開したところを縫ったりしてもらったけど、
あまり意識にない。とにかく赤ちゃんが気になる。
この胸で抱っこしたい!!

飲み込んでしまった羊水の排出や、気付けの注射を打ってもらったり
いろんな処置をしてもらって、
やっと近くに連れてきてもらった。


「私達の赤ちゃんだぁ。可愛い!可愛いね!!」


そのまま分娩台に2時間休ませてもらう。
その間旦那さんと写真を撮ったり、、、産んだ興奮覚めやらない。
ここに来るまで長かったし、
分娩室でも想像以上に時間掛かるんだろうなぁ・・・
なんて思ってたけど意外に早く出産できてホッとしました。


夜も遅くなってきたので、お疲れ様ってことで旦那さんは家に。
私は病室に行くため分娩台を降りる。
取り上げてくれた助産師さんに付き添われ、トイレに行く。

ふら~と立ちくらみがしたと思ったら目の前が
真っ暗になり倒れてしまう。
一瞬ここはどこだっけ?と意識を失う・・・・。

車椅子で病室に運ばれる。
やっとご飯が食べられると思うも咀嚼する力さえ残っていない。
とにかくもう私には眠ることしかできなかった。。。。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://haruhalu.blog96.fc2.com/tb.php/37-a330e28b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。