FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


PM1時半~
子宮口9cm。
なかなか赤ちゃんが下りてこないので、
「全開じゃないけどいきんで良いよ」と言われ、そのままベットにていきみ開始。
横向きになって旦那さんに片手でお尻辺りを押してもらいながら、
もう片手は私が握ってひっぱる。逃すより楽かも!

PM3時半~
全開しましたよ~と言われたものの、
赤ちゃんがまだ下がってきてないのか、分娩室には連れて言ってもらえない。
隣りの隣りのベットに寝ていた妊婦さんも分娩室に行ってしまった・・・。

分娩室から聞こえてくる赤ちゃんの産声、
廊下ではお産を終えた妊婦さんに「おめでとう~。よくやったね」
とご両親であろう声をかける様子が聞こえてくる。

後からくる妊婦さんに次々に追い抜かれてしまう私。
私も赤ちゃんの産声が聞きたい!!
ボロボロと涙が出てきて止めることができない。
「永遠に産めないんじゃないか・・・。」と弱音を吐いてしまう。

助産師さんは優しく
「人と比べちゃダメだよ~。はるさんのお産ははるさんのなんだから。
それにみんな経産婦さんで、初産だから時間掛かるものなんだよ。」
と諭される。
それにしたって長すぎる。。。

PM4時~
陣痛剤マックスにて間隔がほとんどなくなり、いきみっぱなしに。
その様子もみて母が慌ててナースセンターに行き、
少し促進剤を抑えてもらう。

PM4時半~
3時間いきみ続けて意識が朦朧としてきた。
体力の限界が近いけど、
陣痛がくると120%の力でいきまずにはいられない。
でももう疲れた・・・いきみたいくないよ!
お尻の指圧と手を引っ張られ続ける旦那さんも相当大変だったと思う。

合間に話し掛けられるも
まったく返事をすることができなくなってしまった。
考えてみたら丸二日寝てないのに加えて、今日一日はお茶しか飲んでない。
病院で出された朝も昼食も旦那さんが完食(笑)。
スイカさえ口に入れてみたものの飲み込むことができなかったのだ・・・。

それを聞いた助産師さんから
「とにかく吐いても良いから何か食べて!
母体の体力が落ちると良い陣痛がつかないから。」と言われ
旦那さんから牛乳、母からはゼリーを。。。。

普段ならものの10秒くらいで食べてしまいそうな小さなゼリーを
10分くらい掛かって少しずつ口に運んでもらう。
すると少しはパワーは涌いてきた。あともう少し!?

PM5時半~
骨盤を整えるマッサージをされ、
横向いての指示などにもまともに動くことができない。
「逆にガチガチで下りてこられないんじゃないか。いきまないで逃しても~」
と言われるも今更無理!

PM6時~
やっとのことで陣痛室から分娩室へ移動しますとの指示が下る。
しかし今まで昼過ぎには~とか、夕方には~、
しまいにゃ明るいうちには産まれるわよ~、
とウソ(?)を言われ続けたのでイマイチ信用できない。
もう自分が出産できるイメージさえなくなってしまっていた。
でも本当に産むことができるんだーーー(涙)。

とりあえず、分娩室に行く前におトイレ行っといてと言われるも、
決死の覚悟が必要~。
陣痛きたらお尻の指圧なしでは耐えられないよ~!!

※さらに大をしたいような感覚もあり、
陣痛ない時ならきばってOKと言われるけど、
たぶん赤ちゃんが下がってきてるからそう感じるのよと。
朦朧としつつも助産師さんに
「○んこででそうで、出たら恥かしい!」と訴えた私って(^^;
答えは「みんな出してるわよ。」とのこと(笑)。
浣腸はしないみたいなので、恥かしいからトイレで頑張ってみるものの、
やっぱりこれは赤ちゃんが出てこようとする感覚だったみたいで何もです…あはぁ。




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://haruhalu.blog96.fc2.com/tb.php/36-a2d982c9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。