FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


AM3時半~
ベットに寝てるのが辛くなってきて
陣痛イスに乗ってユラユラ揺れてみる。
お尻の圧迫がある方が楽みたい。
痛いところが次第に増えて、下腹、付け根から太もも、腰
のマッサージをしないと辛くなってきた。

深夜ってこともあって看護師さんの回診も少ない。
やっと来てくれて、内診してもらうも変わらず
子宮口3cmという結果に泣きそうになる。

遅々として進まないお産・・・相変わらず規則的な5分間隔のものの、
痛みだけはどんどん増してくる。
暗い陣痛室に一人、ユラユラ揺れながら陣痛に耐えていたら、
涙が出てきた。。。
いつまで続くんだよ・・・。

「あと何回陣痛に耐えたら旦那さんが来てくれる!」
ってことだけを望みに5時まで頑張ることに。

AM5時~
・・・・・旦那さんが来ない(涙)!!堪らずメールする。
「苦しいよ」
「待っててすぐ行く!」

苦しいものの、旦那さんがいるだけで精神的には随分楽になる。
さらに腰のマッサージもしてもらう。


AM9時~
先生の回診。子宮口は未だ5cmにて
陣痛促進剤の投薬が決定する。
一日経ってまだ半分なんて・・・・(涙)。

疲れ果てた私にさらに強い陣痛なんて耐えられるのか・・・・
びびる私に「大丈夫だよ!」と勇気付けてくれる旦那さん。

GBSに加えて促進剤の点滴、
さらにお腹にNSTのベルトも付けられて、完全囚われの身・・・。
マッサージもしにくくて大変。

AM10時~
さっそく痛みが増してきて、うなり声を抑えることができない。
「赤ちゃんに酸素を送らなきゃ!」と旦那さんは
「ふーふーふーっ」と吐くのを意識した深呼吸をリードしてくれる。

ここら辺から旦那さんを拘束状態
トイレ行くのにも「早く帰ってきてね!」と涙目で訴える。
「銀行に用事が、、、ちょっとだけ出てきても、、、」と言われるも
「嫌だ、行かないで!」と涙で訴える。
再び母も来たけど、力が弱いので心もとない。

AM11時半~
子宮口は一気に8cmに。どんどん迫ってくる陣痛で苦しいけど、
ちゃんとお産が進んでる実感があって頑張れる!

この頃からもうお尻の圧迫がないとほんと耐えらず、
間に合わなかった時には人間とは思われない声が出てしまう。
保冷剤は握り潰してしまいそうだし、
枕もパンチで切れるかと思った(笑)。

寝ているより起きてる姿勢の方が楽なのを発見。
さらにテニスボール大活躍、腰やお尻などに3~4つも使用!

PM1時~
隣りにいた妊婦さんは今日の朝に来て、
同じ時間に促進剤を投薬したのだけど、
昼過ぎに破水してすぐに分娩室に行ってしまった。
一方私は最後の最後でまた進まなくなってしまい、
切ないやら空しいやらで落ち込んでしまう・・・・。

一日無駄に陣痛に耐えていた。
もっと早く促進剤を使ってもらえば良かったんだ、、、
なんて今さら考えてもしょうがないことばかり考えていた。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://haruhalu.blog96.fc2.com/tb.php/35-205e015c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。