上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.11.12 生後75日
生後75日、保健所でナッちゃんを測定してもらいました。

どどどーーーん、、、

体重6600g、身長59cm
標準より一ヶ月先を行ってます

もしや太りすぎ・・・!?と心配してたんだけど、
「肥満児ではないですよ。」 → 小デブってことか…
といわれたので一応安心しましたー。

「身長も高いし、二ヶ月半にしてはしっかりしてる。」
ってことでした。

成長は嬉しいけど、そんなに早く大きくならないでー
って気持ちもあり。。。。
あっという間におっきくなってしまうもんだねぇ。

最近、表情豊かになってますます面白くなってきた♪
おしゃべりの声も可愛くて旦那と2人でデレデレしてます



で、成長の早い娘に用意して良かったものは、、、

●A型ベビーカー
これは実はちょっと悩んで、B型まで抱っこ紐で頑張るか、
もしくはレンタルとかも考えたんだけど買って良かったー。
とくに1ヶ月過ぎたあたりが一番鬱々しててやばくて、
ずっと引篭もりだったので、2ヶ月でお出かけできるようになって大活躍!
毎日の抱っこで腕、肩や腰が痛いので、お出かけで抱っこする体力が残ってません…。
外出先で寝かしておく場所って意味でも良かった。

あとデカイ娘用にでかいアップリカ、ベビークルーザーにして良かった!
ごっつくて少し場所は取るけど、
車輪がでっかく走行も安定しててお気入りです♪


●ハイローチェア
もうこれはなかったら体力尽き果ててたかも!?
本格的なグズグズになっちゃうとさすがに駄目なんだけど、
軽い眠いよーってグズリだったらこれでユラユラで寝てくれます。

一番低くして足でユラユラしながらパソコンしたり、
夕方もこれまた足でユラユラしながら料理してます
こんなに大活躍なら電動の買っても良かったかもー。

ただ家にあるのは義姉さんのお下がりで、
10年近く昔のコンビのものなので少し小さいかも。
でっかいナッチンはいつまで寝られるんだか・・・。

●ユグノーサンクマニエル抱っこ紐
天気のよい日はベビーカーだけど、やはり抱っこ紐が必要になる時も多いです。
雨の日や混雑するスーパーとかだとベビーカーだとキツイ。

縦抱きって首が据わってからしか使えないものが多いんだよね。
あとは新生児から使えるベビービョルンくらい・・・?

横抱きってかなり肩の負担が大きいし、
飛び出した頭やら足やらがぶつかっちゃいそうで怖い…。
(というか6キロ超えした娘には横抱きはもう使えない…
ユグノーは2ヶ月から縦抱きが使えるので、これまたこの時期大活躍です。
しかも軽くてコンパクトになるので持ち運びにも便利ですー。

実はユグノーの横抱きはペラペラしてて使いずらく、
義姉からもらったニンナナンナの紺の布のやつ?
が芯が入ってしっかりしてて良いので使ってましたが…。
スポンサーサイト
2007.10.16 生後50日
最近、PCの入力が上手くいかなくて、
そろそろヤバイかもね・・・SONYさんもたないね
しかし今日は調子がいいらしい。


それはさておき、ナツも生後50日になりました!
実家から戻ってきて私も余裕がなかったけど、
少しずつ生活のリズムもつかんできたかなぁ~。


ちょうど今頃は気候もよく
ベビーカーデビューもして、お散歩が楽しい♪
A型は買うか迷ったけど、買って良かった。。。
たぶん5キロ超えしてるので抱っこ紐もかなり辛くなってきたよ~。


さらに、テニスデビュー!?
パパのテニス姿を見学するナツ。
VFSH0068.jpg


私もひさぶりーーーーに、ちょろっとテニスしました。
腕の筋力だけはかなりアップしてるはずなのだが、
全体的な体力はかなり低下してると思われ・・・ぜぇぜぇはぁはぁ
でも、かなり息抜きになったし気持ちよかったー

帰りのチャイルドシートでは大泣きされてしまったけど、
夜はぐっすり。。。。。。。。
VFSH0064.jpg


イベントある方がグズグズの対応が煮詰まらず楽かも~!
どんどん外に出たいです。
2007.09.28 一ヶ月健診
今の授乳間隔だと途中で泣かれちゃうかなぁ、、、、
とドキドキしながら、一ヶ月健診に行ってきました。
父には運転で送迎を、 母には私の健診中に娘をみててもらうためと
お世話になりました

出発予定時間に授乳タイムが重なってしまい少々遅れてしまった~。
小さな子どもがいるとなかなか大人の思い通りにいかないものですな。


病院につくと、さすがに同じ時期だけあって
入院中に一緒だったママと子達とに再会しました。
でもなんか・・・みんなカワイイ(サイズが)。

3092gといたって標準サイズで生まれた娘ですが、
一ヶ月で4500gと大きめに育ってました。
やっぱなぁ~「よく飲むわ!」と思ってたんだよねぇ。
飲んでゲップをさせて寝かそうと思っても、
まだくれーーー!と要求されることが多くて、、、
ほっぺたこぼれてますぞ~娘よ・・・

身長は大きめだったので今回はプラス1cmで
53cmとこちらは標準かな。

最後に哺乳瓶でK2シロップを飲ませなければいけません。
母乳ばかりで哺乳瓶で飲ませてないので
嫌々されながらも飲ませることができました。

と、なんとか泣きわめくこともなく無事健診を終えました。


帰りの車ではちょっとグズッてたけど、
車が動いている時は振動が気持ちよいらしく
ウトウト~トロンとして寝そうになる。
しかし信号になって止まるとスイッチ入ったように目を覚ますんだよね。
噂では聞いてたけど面白い!

体重増加に加えて、寝る時間が減って抱っこの時間が増えた・・・
楽になるどころかますます大変になってるような

「もう限界!って思ったところで次のステップに進む。」
と聞いたことがあるけどまさにそうなのかも。
身体に鉛を背負っているようですが・・・・頑張りまする(遠い目)。
しかし外の風は気持ちよかったなぁ~。


あと少しで実家生活も終わり、
さらに家事をしなくてはいけません。
ううむ~ちょっと自信ないなぁ・・・・
とか言っててもキリがないのでそろそろ帰らなきゃ。。。

旦那さんはすっかり痩せてしまったようです。
なんか面倒で食べるの忘れてた~とかあるみたいで、
私には考えられないけどね^^;

近いので本格的に帰る前に一度行こうかと思ってたんだけど、
なかなか時間を作るのが難しくて結局行ってないのです。
まあキレイ好きの旦那さんのことだから荒れてるってことはないと思うけど、
水周りのカビとかは・・・かなり怪しいな・・・。

... 続きを読む
2007.09.13 ⑤後記~


長いお産だったため、担当の助産師さんが何人も代わりました。
なので後の入院中に再び会うと、
「はるさん、あの後長くて大変だったのね!」
といろんな人に言われました。
担当じゃない看護師さんからも
「最後までいた人ね。」と言われちゃうし~(^^;


今回の出産は、、、、
産道の準備がされていないのに破水してしまい、
赤ちゃんが下りてきたり、
子宮口が開くのにとっても時間が掛かってしまいました。
(今回のことで早い段階での卵膜の刺激は
危険なのでは?と思いました。せめて予定日まで待つか、
多少でも子宮口が開いてたり赤ちゃんが下りていたりとかしてから
の方が良いと思うのだけど・・・・。)


さらに赤ちゃんの口にへその緒が絡まっていたのが原因で
最後の最後で下りてこれなかったのです。
結構最後の方まで逆子だったから、
それも関係してるのかなぁ・・・?


分娩室でのできごとは辛かった痛かった
とは感じませんでした。
まあ多少あったけど・・・全然耐えられたな。
ちゃんと産む方向に向かっているのが分かったし、
沢山の人の助けもあったから。

この出産で何が一番辛かったって、、、、
“お産が進んでない”という時の失望感が一番辛かった。
無駄に陣痛に耐えてるような気がしてね。
前向きでいられれば陣痛も耐えられるものです。
肉体的にはやはりいきみ続けた時が限界に近かった。。。

そんな時でもNSTでみて、
赤ちゃんが元気なことだけが救いでした。

しかし出産時はひやひやしたものの、
無事健康に産まれてきてくれてほんと良かった!
私も辛かったけど赤ちゃんも辛かったんだろうなぁ~と思います。

出産後に長くなってしまった頭や後頭部のアザを見て、
頑張ったね~痛かったね~って切なくなりました。
今はすっかり治ったので良かったです。

結局長い出産になってしまったけど、
とにかく今は無事産まれてきた
それだけでも安産だったのかなぁなんて思います。


でももし次があるとしたら・・・・無痛分娩できるとこ探そう!
って思ってしまいました。
前にちょろっとそんな話した時は、
「それって赤ちゃんに負担じゃないの?」と
なんとなく否定的だった旦那さんも「そうしなさい!」と(^^;
母も旦那さんも私の苦しむ姿をもう見たくないっぽいです。

途中苦しむ私をみてちょっと取り乱し、
助産師さんに「最初は昼過ぎって言ってたのに、
一体いつ分娩室に連れてってくれるんですか!?」と詰め寄ってました。
後から考えて「大人げなかった・・・」なんて言ってましたが、
私も彼も必死だったのです。

旦那さんは初め立ち合い出産を
「血苦手~グロいのもちょっとなぁ」なんてふざけて言ってたけど、
全然そんな風に感じなくて「ほんと感動した!」と言ってました。
「立ち合いしないというやつがいたら俺がいて説得してやる!」
とまで言ってたよ(笑)。

今回はかなり旦那さんの存在が大きかったです。
精神的にも実質的にも!
いてくれて良かった~というよりいなかったら無理だったかも。
「俺は何もしてないよ。」なんて言ってたけどね。

赤ちゃんが産まれて3人、本当の家族になった気がしました。

「私達のところに産まれてきてくれてありがとう!」

なんてクサイ言葉だわ、、、と思ったけど、
ほんとうにそう感じたのですヨ。
この時の感動って、ほんともう何にも変えがたいものだと思いました。




PM6時半~
分娩室へ。まずは助産師さんのリードでいきんでみる。
そのうち先生登場。
「すぐに産まれるからね」と励まされる。

「出口が硬いので会陰切開しますよ。」
普通皮膚が伸びきって麻痺したところ切るはずでは・・・?
麻酔の注射を打ったかと思ったらスッパリ。
「いっ痛い!!」
「あれ麻酔効いてなかった?」
効いてませんでした・・・普通に痛かったです(涙)。

しかし、この先生厳しい!
「声は出さない!必要ない。」
「顔に力入れない!!」
「腰浮かせないで!」と沢山ダメ出しされる。

もうほんとうにそこだけにしか力入れちゃダメらしく、
他の部分に力が入っていると注意される。
もうわたしゃ随分前からいきみ続けて、
細かいこと言われてもできません・・・。


※ここから後は自分じゃよく分からなかったんだけど、
通常掛けられてる足の布がけっこう大変な状況だったので、
お腹の位置に落ちてて掛けられていなかったため、
旦那さん側からも丸見え(爆)。
というわけで全部見ていた旦那さんから後で詳しい状況を聞きました。


とにかくここまで来てもなかなか出てこないので、
急遽吸引分娩に。。。
しかし!機械が一台目二台目と壊れてて不安になる。
その合間にも陣痛が・・・早く!もう無駄にいきませないで~っ!

やっと三台目にて吸引開始。
陣痛に合わせて引っ張るも一回目失敗。
先生の顔や胸辺りにビシャーーーッと血が飛び散った。
この光景は忘れることができない・・・。

次の陣痛に合わせて再度吸引。
そしたらなんと赤ちゃんの首にへその緒がからまってる!!
これが最後の最後で下りてこれなかった原因かも・・・。
二箇所を鉗子で止めてへその緒を切る。

「次で絶対出すからね!」とお腹をぐいぐい押されながら、
いち・にの・さん!すっぽーん。。。。

「ああ~産まれたよーーーーーー(涙、涙、涙)!!!!!!」


・・・しかし通常聞こえるはずの泣き声が聞こえてこない!
「赤ちゃんは?赤ちゃんは!??」
うろたえて旦那さんに聞いてみるも、
「大丈夫大丈夫だよ。」とは言ってくれたけど・・・・。
すぐに遠くに連れられて行ってしまい、
出産した喜びもつかの間心配で心配でしかたなかった。

すると少し経って「おぎゃ~!!!」と元気な声が聞こえてきた。
とは言ってもすぐに泣き止んで
真っ白な体とうつろな目でこちらを見てる。(ように見えた。)
先生は「ちゃんと泣いたから大丈夫だよ。」
とさっきとうって変わって優しくなっていた。

残りの胎盤を出したり、切開したところを縫ったりしてもらったけど、
あまり意識にない。とにかく赤ちゃんが気になる。
この胸で抱っこしたい!!

飲み込んでしまった羊水の排出や、気付けの注射を打ってもらったり
いろんな処置をしてもらって、
やっと近くに連れてきてもらった。


「私達の赤ちゃんだぁ。可愛い!可愛いね!!」


そのまま分娩台に2時間休ませてもらう。
その間旦那さんと写真を撮ったり、、、産んだ興奮覚めやらない。
ここに来るまで長かったし、
分娩室でも想像以上に時間掛かるんだろうなぁ・・・
なんて思ってたけど意外に早く出産できてホッとしました。


夜も遅くなってきたので、お疲れ様ってことで旦那さんは家に。
私は病室に行くため分娩台を降りる。
取り上げてくれた助産師さんに付き添われ、トイレに行く。

ふら~と立ちくらみがしたと思ったら目の前が
真っ暗になり倒れてしまう。
一瞬ここはどこだっけ?と意識を失う・・・・。

車椅子で病室に運ばれる。
やっとご飯が食べられると思うも咀嚼する力さえ残っていない。
とにかくもう私には眠ることしかできなかった。。。。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。